2017年05月25日

今日も、朝から

今日も、朝から起きました。体内には、程よい疲れが残っている感じがしますが、今日は、大切な日なのです。
何週間も前から、もしかしますと、春らしくなりだしました先月から、喜んで応募をしました。そのイベントは、日頃からパソコンを貸していただいています公共施設の中で、チラシを見つけました。インスピレーションを感じました。
知らない方とお話をしますことは、緊張もしますし、少々気おくれもしていました。ですが、そのチラシには、出演者募集と書かれていましたので、出たがりの性格であります私には、ぴったりでした。
私は、出演をし、歌を歌うことにしました。日頃から、松田聖子さんの歌を歌っています。
そんなこんなで、喜んで応募をしましたイベントの最終日でした。  


Posted by x6eqb140215 at 00:09Comments(0)

2017年05月22日

言葉のない会話

うちには12歳と8歳の猫がいますがどちらもまるで人間のようです。12歳の猫は自分のことを人間と対等に思っているようで、人間の食事の時間になると誰よりも早く食卓について皆が揃うのを待っています。また、寝る時には猫専用の場所があるにもかかわらず人間の布団について来て一緒に寝ています。8歳の猫は外に出たい、遊んで欲しいなどの要求を無視されるとまるで駄々っ子のように床にゴロゴロ転がってそこから動かなくなります。おもちゃを買ってくれないと帰らないと駄々をこねる子供を見ているようです。長年猫と一緒に暮らしてきて言葉はわからなくても猫の言いたいことがまるで会話をしているかのように理解できるようになりました。きっと他の動物でも一緒にいる時間が長くなるほど理解できるようになるのだろうなと思います。  


Posted by x6eqb140215 at 01:09Comments(0)

2017年05月21日

休日にメガネの修理に行く話

おとといは風が強かった。昨日は暑くて難儀した。今日は幾分か過ごしやすくなってうれしい。

午前中は、兄貴に泣きついて、メガネ屋に送ってもらう。昨晩、レンズがフレームから外れたので、直してもらうのだ。ものの数分で修理できたが、予備とファッションを兼ねて、新しいのをもう一個購入することに。三日ほどで届くという。「タイで洪水が起きたときは、何日もお待たせすることになったけど……」という店員さんの言葉に、世界のつながりを実感。現代社会、メガネのフレームのサプライチェーンもグローバル化しているのだ。
付き添いの兄貴は、「ブルーライトカット」を謳ったメガネを興味深げに見てた。いっそ買ったらどうだい?

昼食は袋入りインスタント麺の焼きそばを。戻した麺をフライパンで炒めてソースで仕上げる、インスタントラーメンみたいなやつ。カップ焼きそばほど手軽じゃないし(これはこれで水切りめんどい)、中華そばを使うに比べてそんなおいしくない。どっちつかずでかわいそうだ。
デザートにはアロエヨーグルトを食す。昨日の残り。









葛の花 太田胃散 ダイエットサプリ  


Posted by x6eqb140215 at 11:23Comments(0)

2017年05月19日

お魚の煮つけなどを食べた

ごはんを食べました。最初は、鶏の皮の炒めたものを食べました。次は、お魚の煮つけと白ごはんを食べました。お魚と白ごはんは、すごく久しぶりに食べました。そして、20時前から放送されているバラエティー番組を見ました。いろいろなスカッとするお話をやっていました。そして、21時くらいから放送されているドラマを見ました。次回のお話も楽しみです。そして、プリンを食べました。カラメルが入っていて美味しかったです。そして、深夜に放送されているバラエティー番組を見ました。最初は、花見をしている人に個人的ニュースを聞くコーナーをやっていました。次は、視聴者からの調査依頼に応えるコーナーをやっていました。次は、さまざまな職人技を調査していました。最後は、心理テストをやっていました。見ていて面白かったです。  


Posted by x6eqb140215 at 01:38Comments(0)

2017年05月17日

家の神様、飼います

16日の日曜に、彼の家でいつもどおりごはん食べて、いつもどおり布団で横になって、いつもどおり一緒に動画を見てたら、いつもと違って壁に何か動く異質のものが見えた。

最初はGか?と思ったけど、何か細長いし、でもこんなサイズで動く物体ってG以外思い付かなくて、呼んでない来訪者の存在にパニックになって指差して叫んだ。(この間1秒)

彼も私の反応でまたGが出たのかと思って身構えたらしいけど、二人してよくよくみたらヤモリさんだった。(最初はトカゲかとおもったけど)

これどうしようか、って壁をしゅしゅしゅっと歩くヤモリさんを二人して呆然と見る。

Gじゃなかったっていう安心感と、ヤモリが入ってこれるほどの隙間があるっていうショックと、家の中にヤモリがいるっていう初めての体験にちょっと頭がついていかなかった。

彼が一言、飼うかって言ったのをきっかけに私も乗り気になって、とりあえずどこかへ逃げないように仮の仮として段ボールにぽいっと入ってもらった。

彼は恐いから触りたくないらしく、私が捕まえていれた。

飼育ケースもないから、彼がフィギュアが入ってた箱を切って、ビンの蓋に水を入れた水のみ場と、卵型の窪みがある段ボールを隠れ場所として中に入れて、仮のおうちを作ってくれた。

そこに誘導して入ってもらって、上からラップをしてガムテープで貼った。

つまようじで空気穴を開けて、なるべくストレスかけないようにそっとしといた。

次の日は彼仕事でいなかったから、私が昼間に草むらで蜘蛛とかよくわかんない虫を捕まえてから大学に行って、夜に『食べるかなぁ』と期待と不安に胸をいっぱいにしながら彼と一緒に買い物袋を下げて帰って来た。

カーテンに張り付いてた。

びっくりした。またぽいっと仮のおうちに入れといた。蜘蛛は速攻で食べてた。

蜘蛛好きなんかな。

名前はやごろーになった。卵の段ボールの後ろに隠れててかわいい。  


Posted by x6eqb140215 at 02:23Comments(0)